競馬における勝負レースの選び方とポイント

中央競馬は、最大で1日に36レース行われていますが、全てのレースの馬券を購入して、プラス収支で終えられる人はとても少ないと思います。

今回は、競馬初心者の方向けに、勝負するレースの絞り方について説明していきたいと思います。
この記事を読めば、1点買いをして的中させることも可能なはずです。

目次

勝負するレースの決め方について

競馬ファンなら、誰もが1度は当ててみたいのが万馬券です。
その万馬券すら、少ない馬券しか買わずに的中させてしまう人がいます。
しかし、そうゆう人は、競馬予想が本当に上手な人です。
競馬を始めたばかりの方が、万馬券を当てることは、簡単なことではありません。
高確率で的中できるレースの選び方を覚えて、まずは当てる喜びを覚えていきましょう。

レースの選び方の基本は的中率

レースの選び方には、様々な方法があります。
荒れそうなレースで、いろいろなパターンのボックス買いをすることで、的中率と払い戻し率を考慮して、回収率を上げる方法もあります。
やはり、混戦するレースは盛り上がるので、賭けてみたいという気持ちもわかります。

しかし、今回は的中しやすいレースを選び、初心者の方が的中する確率を上げることが目的です。
複数の馬が3着以内に入着しそうな混戦レースは考えずに、的中率重視でレースを選んでいきたいと思います。

予想が難しいレースには参加しない

36レースあるレースを最終的に3レースくらいまでに絞れると、かなり収支が安定してくるはずです。
もちろん、初めの段階では、もっと多くのレースに参加しても問題ありません。

まずは、除くべきレースを紹介していきます。

ハンデ戦

ハンデ戦は、ゴール前で混戦になるように有力馬の斤量を重くします。
斤量が重いというのは、おもりを多く背負って走るという意味です。
実際の結果は、比較的安定することもありますが、確実性は高くありません。
また、何がくるかわからなくするのがハンデ戦の目的なので、無理に参加をする必要はないレースです。

新馬戦

新馬戦は、基本的に初めてレースに出走する馬のレースです。
馬を見て勝ち馬がわかるのは、上級者です。

芝のレース

中央競馬の人気レースの多くは、芝でのレースになります。
しかし、芝レースは、馬場状態や枠順などの影響をまともに受けます。
開催初日と最終日の差も考える必要があります。

ある程度、競馬経験の長い人であれば、予想も充分可能ですが、少なくとも初心者が手を出すのは危険です。
一部、参加を勧めるレースもありますが、基本的に見送りになります。

障害レース

障害レースは、予想しやすいレースも多いのですが、該当レースが少ないことと落馬する危険性が高いことにより、あまりおすすめはしません。
中には、レースを絞るのが面倒だという理由で、開催の少ない障害レースを選択する人もいますが、ここでは省くレースとします。

多頭数のレース

16頭や18頭の出走馬がいると、当然レースの予想は難しくなります。
穴馬を探す時には積極的に選択しますが、今回はできるだけ購入しない方向で考えましょう。

初心者におすすめのレース

避けるべきレースをいくつか紹介しましたが、今度は初心者向けのレースについて説明します。
いくつかの条件がありますので、慎重に選んでください。

GIレースで人気馬に特定の騎手が騎乗するレース

GIレースは避けるレースになりがちですが、情報量の多さは競馬予想の勉強になります。
また、多くの投票数と出走馬の人気が分かれることもおすすめする理由のひとつです。
特に、人気馬に特定の騎手が騎乗した場合、単勝や複勝を購入するのも悪くありません。
確かに複勝は配当が安いですが、1.2倍~1.3倍くらいは期待できます。

特定の騎手を書いてしまっても良いのですが、やはり自分で発見して欲しいところです。
レースを多く観ていれば、必ずわかってくると思います。

短距離ダートの未勝利戦

未勝利戦は、まだ勝ったことのない馬ですが、ダートの短距離戦だと比較的的中率を高くすることができます。
距離が伸びると予想が難しくなるので避けるようにしましょう。

短距離ダート戦だと馬場状態があまり影響しません。
出走馬の中でも、先行力のある馬を選択すると安定して収支をプラスにできます。
選択馬のコツは、逃げ・先行馬で新馬戦の時に1番人気の馬は狙い目です。
重馬場になれば、さらに前に行く馬が有利になるので、おすすめできます。

まとめ

今回はレースの選び方について説明しました。
選択をしているうちに、該当レースが1レースもなくなってしまうこともあるはずです。

このような時は、無理に馬券を購入せずに、見送る勇気を身につけましょう。
競馬で大負けをする人は、「馬券を買いたい」という意識が強すぎる人に多いです。

競馬は、次の週にもまた開催されます。
見送ることができるようになるのは、競馬で収支を安定させるためには、避けては通れないことになります。

1日に1レース~3レースで満足できるようになれば、かなり実力がついてきている証拠です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる