スプリンターズステークス!過去の傾向と予想ポイント!

夏競馬が終わると秋初戦のGIレースがスプリンターズSになります。
以前は冬場におこなっていたレースも現在は秋の最初のGIとして注目を浴びています。

今回は、短距離王決定戦でもあるスプリンターズSのレース紹介と予想のポイントを説明していきます。
この記事を読んで秋初戦のGI予想の参考にしてほしいと思います。

目次

スプリンターズSの概要と過去の結果

スプリンターズSは、1200mで争う短距離レースです。人が1200mを走ると時間がかかりますが、競走馬にとってはわずか70秒程度の争いになります。

ここでは、スプリンターズSの概要と過去の結果を掲載します。会場となる中山競馬場芝・1200mの攻略ポイントも説明していきます。

スプリンターズSの概要と歴史

スプリンターズSは、中山競馬場 芝・1200mでおこなわれます。元々スプリンター系の古馬が出走できるレースが少なかったこともあり早い段階でハンデ戦から重賞レースになりました。

以前は、安田記念のステップレースとして春に開催されていましたが、スプリント系の馬のGIレースのひとつとして1990年の12月からGIレースとしておこなわれるようになっています。

その後、2000年に現在の秋初戦のGIとして落ち着いた歴史があります。春と秋では、異なる特徴がある中山競馬場の芝・1200m戦だけに予想も難しくなります。

スプリンターズS 中山競馬場 芝 1200mの紹介

中山競馬場芝・1200mは、小回りの短距離というイメージがあると思いますが、実際にはスタートから前半600mは緩やかなカーブなのでさほど小回りというイメージはありません。

また中山競馬場というと最後の直線にある急坂での逆転劇が多いのは確かですが、春競馬に比べると比較的インの先行馬にもチャンスがあります。

逆にインコースで後方からの競馬になるとコースが塞がれてしまう危険制も高くなります。枠順は外側で脚質が重要になると考えられます。

スプリンターズS 過去の結果

スプリンターズSの過去5年間の結果を掲載します。
記録参照:JRA公式ホームページ

2014年 新潟・芝1200m 良 3歳以上

1着8枠18番
スノードラゴン 牡6
大野拓弥
高木厩舎
13番人気
2着5枠9番
ストレイトガール 牝5
岩田康誠
藤原厩舎
2番人気
3着7枠13番
レッドオーヴァル 牝4
田辺裕信
安田厩舎
5番人気

2015年 中山・芝1200m 良 3歳以上

1着1枠2番
ストレイトガール 牝6
戸崎圭太
藤原厩舎
1番人気
2着2枠4番
サクラゴスペル 牡7
横山典弘
尾関厩舎
11番人気
3着3枠6番
ウキヨノカゼ 牝5
四位洋文
菊沢厩舎
9番人気

2016年 中山・芝1200m 良 3歳以上

1着7枠13番
レッドファルクス 牡5
M.デムーロ
尾関厩舎
3番人気
2着8枠15番
ミッキーアイル 牡5
松山弘平
音無厩舎
2番人気
3着2枠4番
ソルヴェイグ 牝3
田辺裕信
鮫島厩舎
9番人気

2017年 中山・芝1200m 良 3歳以上

1着4枠8番
レッドファルクス 牡6
M.デムーロ
尾関厩舎
1番人気
2着1枠2番
レッツゴードンキ 牝5
岩田康誠
梅田厩舎
5番人気
3着3枠6番
ワンスインナムーン 牝4
石橋脩
斎藤厩舎
7番人気

2018年 中山・芝1200m 稍重 3歳以上

1着4枠8番
ファインニードル 牡5
川田将雅
高橋厩舎
1番人気
2着5枠9番
ラブカンプー 牝3
和田竜二
森田厩舎
11番人気
3着1枠1番
ラインスピリット 牡7
武豊
松永厩舎
13番人気

スプリンターズSの傾向と予想のポイント

過去のレース結果やこれまでのデータからスプリンターズSの予想ポイントを説明していきます。様々な角度からのデータ予想になるので、参考になると思います。

スプリンターズSを競走馬から考える

スプリンターズSを「血統」「脚質」「枠順」「ローテーション」から予想をしてみたいと思います。どのデータも競馬予想にかかせないので順に見ていきましょう。

血統から考えるスプリンターズS

過去5年の1着馬の父と2着馬の父

2014年1着:アドマイヤコジーン
2着:フジキセキ
2015年1着:フジキセキ
2着:サクラプレジデント
2016年1着:スウェプトオーヴァーボード
2着:ディープインパクト
2017年1着:スウェプトオーヴァーボード
2着:キングカメハメハ
2018年1着:アドマイヤムーン
2着:ショウナンカンプ

レッドファルクスが、2016年と2017年に2連覇をしたので同じ種牡馬となっています。他のレースに比べると全体的に血統の偏りは感じません。

スプリンターSに関しては、血統面のみでの予想はあまりオススメできないようです。あくまでも補助的な要素として考えるのが無難になります。

脚質から考えるスプリンターズS

スプリンターズSが開催される中山競馬場 芝・1200mは、基本的に「差し」有利の展開になることが多くなっています。

実際に過去のスプリンターズSを観ても先行策をとった馬は、あまり良い結果になっていません。特に最終コーナーの段階で3番手以内にいる馬は苦戦をするようです。

「差し」が有利な展開ですが、内枠からのスタートとなると注意が必要になります。騎手や人気などを加味する必要がありますが、有力な予想ポイントだと思います。

枠順から考えるスプリンターズS

過去5年のデータを見ると全体的に中枠~外枠が有利になると考えられます。2015年のストレイトガールは、1枠2番ですが、後の勝ち馬は中枠~外枠になっています。

ストレイトガールは、結果的に勝ちましたが馬の実力と騎手の乗り方が上手くかみ合ったと考えられます。少しのズレで行き場を失うところでした。

ローテーションから考えるスプリンターズS

過去5年の1着~3着に入着した馬の前走と結果を掲載します。GIレースの場合、前走は予想に必要なデータになります。

2014年
1着スノードラゴン 牡6
キーンランドC
8着
2着ストレイトガール 牝5
函館スプリントS
11着
3着レッドオーヴァル 牝4
キーンランドC
5着
2015年
1着ストレイトガール 牝6 
セントウルS 
4着
2着サクラゴスペル 牡7 
安田記念 
17着
3着ウキヨノカゼ 牝5 
キーンランドC 
1着
2016年
1着レッドファルクス 牡5 
CBC賞 
1着
2着ミッキーアイル 牡5 
高松宮記念 
2着
3着ソルヴェイグ 牝3 
キーンランドC 
4着
2017年
1着レッドファルクス 牡6 
安田記念 
3着
2着レッツゴードンキ 牝5 
ヴィクトリアマイル 
11着
3着ワンスインナムーン 牝4 
朱鷺S 
1着
2018年
1着ファインニードル 牡5 
セントウルS 
1着
2着ラブカンプー 牝3 
セントウルS 
2着
3着ラインスピリット 牡7 
セントウルS 
5着

秋初戦をスプリンターズSで来る馬や北海道で1叩きするパターンもあります。2018年は、セントウルS組で決着したので今年も注意したいレースになると思います。

スプリンターズSを人的要素で考える

スプリンターズSを「騎手」「調教師」「人気」の面から考えてみましょう。特に人気や騎手はレースを大きく左右する傾向があります。

騎手から考えるスプリンターズS

騎手の実力でレースの結果が異なるのは、どのレースでも考えられることです。ここでは、スプリンターズS過去5年の騎手の成績を中心に見ていきましょう。

2014年

1着 大野拓弥
2着 岩田康誠
3着 田辺裕信

2015年

1着 戸崎圭太
2着 横山典弘
3着 四位洋文

2016年

1着 M.デムーロ
2着 松山弘平
3着 田辺裕信

2017年

1着 M.デムーロ
2着 岩田康誠
3着 石橋脩

2018年

1着 川田将雅
2着 和田竜二
3着 武豊

過去2勝しているのは、Mデムーロですがあくまでもレッドファルクスが連覇をしたということなので一概に騎手から入るのは危険な感じがします。

中山競馬場・芝1200mでおこなわれたレースは、差し馬が勝つケースが多くなります。特に外枠が有利と言われていますが、最終コーナーのロスを考えると位置取りの良さが目立ちます。

調教師から考えるスプリンターズS

調教師によって、このレースに強いという印象の調教師もいます。スプリンターズSの過去5年を参考に考えてみましょう。

2014年

1着 高木厩舎
2着 藤原厩舎
3着 安田厩舎

2015年

1着 藤原厩舎
2着 尾関厩舎
3着 菊沢厩舎

2016年

1着 尾関厩舎
2着 音無厩舎
3着 鮫島厩舎

2017年

1着 尾関厩舎
2着 梅田厩舎
3着 斎藤厩舎

2018年

1着 高橋厩舎
2着 森田厩舎
3着 松永厩舎

特定のレースに強い厩舎もあると思いますが、過去5年間を見る限り極端な偏りはないように思えます。他のファクターよりも参考程度の扱いで良いと思います。

人気から考えるスプリンターズS

人気は競馬予想で重要なファクターとして利用する人も少なくありません。人気が絶対ではありませんが目安になるのは事実です。

2014年

1着 13番人気
2着 2番人気
3着 5番人気

2015年

1着 1番人気
2着 11番人気
3着 9番人気

2016年

1着 3番人気
2着 2番人気
3着 9番人気

2017年

1着 1番人気
2着 5番人気
3着 7番人気

2018年

1着 1番人気
2着 11番人気
3着 13番人気

2014年の新潟開催を除くと比較的1番人気の信頼性が高いことがわかります。ただし、短距離の多頭数なので枠順や脚質によって穴馬が絡むことが多いようです。

スプリンターズSの予想ポイント

ここまでのデータからスプリンターズSの予想ポイントをまとめてみます。

血統

極端な血統の偏りはないと思いますが、他のファクターの追加要素にしたいところです。

脚質

差し馬が有利になる傾向があります。逃げ先行馬は、あまり良い結果が出ていません。

枠順

中枠~外枠が有利になっています。脚質との兼ね合いがポイントになるので、総合的に判断をする必要があります。

前走

前走でどのレースを使ったかよりも結果が何着だったのかがポイントになりそうです。前走で掲示板を逃した馬は比較的苦しい結果に終わっているのが目立ちます。

騎手

騎手に関しては、良い騎手が有利なことに変わりはありません。ただし、過去10年乗り替わりで1着になった馬がいないのは注目すべき部分になります。

厩舎

スプリンターズSで厩舎を予想の中心にする必要はないと思います。複数の候補馬の中から絞るときに検討材料にするのもひとつの考え方です。

人気

基本的に上位人気馬は、安定した結果を残しています。ただし、2着以下に穴馬が多くなっているので、外枠の差し馬には注意をしたいところです。

まとめ

今回は、スプリンターズSのおこなわれる中山競馬場 芝・1200mの特徴と過去の結果から予想を考えてみました。

競馬予想は、本来調教や天候など当日に近くなれば良い予想ができます。早い段階で可能なことは、ある程度絞ることなので過去のデータを上手く利用することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる