宝塚記念!過去の傾向と予想ポイント!

競馬の冬のお祭りが「有馬記念」なら夏のお祭りは「宝塚記念」になります。夏競馬本番前に開催する上半期最後のGI宝塚記念は是非とも的中させたいものです。

今回は、宝塚記念を過去の結果や傾向から予想のポイントを説明していきます。この記事を読んで、宝塚記念の予想に役立てて欲しいと思います。

目次

宝塚記念の概要と過去の結果

有馬記念は競馬1年最後のお祭りレースとして、出走馬をファン投票で選出します。宝塚記念も同様に上半期GIの最後として出走馬をファン投票で選出するレースです。

有馬記念が、関東でおこなわれているので宝塚記念は関西のレースとしておこなわれるようになりました。ちなみに「宝塚」は、兵庫県の宝塚市からきています。

宝塚記念の概要と歴史

宝塚記念は、1960年に第1回が阪神競馬場 芝・1800mで開催されました。その後、ルール変更などを経て1966年に現在の芝・2200mで定着しています。

一時期は、出走資格が古馬のみでしたが、現在は3歳以上となっています。人気投票で出走馬が選出されますが、距離適性などもあるので必ずしも順位通りとはなりません。

GIの名物と言えば、ファンファーレです。基本的に東日本用と西日本用がありますが、宝塚記念は、1999年に一般公募で選ばれた曲になっています。

宝塚記念 阪神競馬場 芝 2200mの紹介

宝塚記念のおこなわれる阪神競馬場 芝・2200mは、スタートから1コーナーまでに上り坂をのぼることになります。

2コーナー以降は、平坦から下りになるので落ち着かない展開が予想されるコースです。直線は短いですが、最後は上り坂があります。

距離的に日本ダービーやジャパンカップのイメージがあると思いますが、脚質的にも馬のタイプ的にも異なる傾向があります。

阪神競馬場 芝・2200mは、週発力勝負よりも持久力のある馬が有利になる傾向があります。従ってレースの結果が必ずしも実績馬が勝つとは限らない波乱含みのレースになります。

宝塚記念 過去の結果

宝塚記念の過去5年間の結果を掲載します。
記録参照:JRA公式ホームページ

2014年 阪神・芝2200m 良 3歳以上

1着8枠11番 
ゴールドシップ 牡5 
横山典弘 
須貝厩舎 
1番人気
2着5枠5番 
カレンミロティック せん6 
池添謙一 
平田厩舎 
9番人気
3着3枠3番 
ヴィルシーナ 牝5 
福永祐一 
友道厩舎 
8番人気

2015年 阪神・芝2200m 良 3歳以上

1着8枠16番 
ラブリーデイ 牡5 
川田将雅 
池江厩舎 
6番人気
2着3枠6番 
デニムアンドルビー 牝5 
浜中俊 
角居厩舎 
10番人気
3着1枠1番 
ショウナンパンドラ 牝4 
池添謙一 
高野厩舎 
11番人気

2016年 阪神・芝2200m 良 3歳以上

1着8枠16番 
マリアライト 牝5 
蛯名正義 
久保田厩舎 
8番人気
2着5枠9番 
ドゥラメンテ 牡4 
M.デムーロ 
堀厩舎 
1番人気
3着2枠3番 
キタサンブラック 牡4 
武豊 
清水厩舎 
2番人気

2017年 阪神・芝2200m 稍重 3歳以上

1着8枠11番 
サトノクラウン 牡5 
M.デムーロ 
堀厩舎 
3番人気
2着2枠2番 
ゴールドアクター 牡6 
横山典弘 
中川厩舎 
5番人気
3着7枠8番 
ミッキークイーン 牝5 
浜中俊 
池江厩舎 
4番人気

2018年 阪神・芝2200m 稍重 3歳以上

1着2枠4番 
ミッキーロケット 牡5 
和田竜二 
音無厩舎 
7番人気
2着7枠13番 
ワーザー せん7 
H.ボウマン 
J.ムーア厩舎 
10番人気
3着1枠2番 
ノーブルマーズ 牡5 
高倉稜 
宮本厩舎 
12番人気

宝塚記念の傾向と予想のポイント

過去のレース結果やこれまでのデータから宝塚記念の予想ポイントを説明していきます。様々な角度からのデータ予想になるので、参考になると思います。

宝塚記念を競走馬から考える

宝塚記念を「血統」「脚質」「枠順」「ローテーション」から予想をしてみたいと思います。どのデータも競馬予想にかかせないので順に見ていきましょう。

血統から考える宝塚記念

過去5年の1着馬の父と2着馬の父
2014年1着:ステイゴールド 
2着:ハーツクライ
2015年1着:キングカメハメハ 
2着:ディープインパクト
2016年1着:ディープインパクト 
2着:キングカメハメハ
2017年1着:Marju 
2着:スクリーンヒーロー
2018年1着:キングカメハメハ 
2着:Tavistock

血統的に見ると過去5年でキングカメハメハ産駒とディープインパクト産駒が良いように見えます。コースの形状を考えるとディープインパクト産駒が圧倒的ではありません。

キングカメハメハ産駒やステイゴールド産駒から狙うのも悪くないと思います。血統以外にも他のデータと比較をしながら勝ち馬を予想する必要があります。

阪神競馬場の芝・2200mは、切れ味のある馬よりも持久力のある馬が向いていると考えられます。ステイゴールド産駒やキングカメハメハ産駒は粘り強さがあるので要注意です。

脚質から考える宝塚記念

宝塚記念がおこなわれる阪神競馬場 芝・2200mは、脚質的な有利不利よりも展開にかかわらず好位で我慢できる馬が有利になります。あえていえば先行馬~差し馬です。

また、最後の直線が長くはないので早めに仕掛ける馬も多くなると思います。競り合いになったときに負けない勝負根性の優れた競走馬が有利です。

枠順から考える宝塚記念

枠順による有利不利は、さほどありません。ただし結果を見ると過去5年では外枠の好走が目立ちます。

他のGIと比べると実力馬や人気馬が苦戦するケースも多くあります。人気薄の外枠馬にも注目をしても悪くありません。

ローテーションから考える宝塚記念

過去5年の1着~3着に入着した馬の前走の結果を参考に予想をしていきたいと思います。前走レース名と着順に注目をしてみました。

2014年
1着ゴールドシップ 牡5 
天皇賞(春) 7着
2着カレンミロティック せん6 
鳴尾記念 4着
3着ヴィルシーナ 牝5 
ヴィクトリアマイル 1着
2015年
1着ラブリーデイ 牡5 
鳴尾記念 1着
2着デニムアンドルビー 牝5 
天皇賞(春) 10着
3着ショウナンパンドラ 牝4 
ヴィクトリアマイル 8着
2016年
1着マリアライト 牝5 
目黒記念 2着
2着ドゥラメンテ 牡4 
ドバイシーマクラシック 2着
3着キタサンブラック 牡4 
天皇賞(春) 1着
2017年
1着サトノクラウン 牡5 
大阪杯 6着
2着ゴールドアクター 牡6 
天皇賞(春) 7着
3着ミッキークイーン 牝5 
ヴィクトリアマイル 7着
2018年
1着ミッキーロケット 牡5 
天皇賞(春) 4着
2着ワーザー せん7 
※海外レース ライオンロックトロフ 6着
3着ノーブルマーズ 牡5 
目黒記念 2着

宝塚記念は、天皇賞(春)からの勝ち馬が多いイメージがりますが、意外に天皇賞で敗れた馬の好走が目立ちます。また目黒記念や鳴尾記念を前走にしている馬も少なくありません。

牝馬の場合は、ヴィクトリアマイルに出走した馬が3着圏内にはいっているものの勝つまでは届かないようです。単純に実績だけで馬券を絞ると危険なレースになります。

宝塚記念を人的要素で考える

宝塚記念を「騎手」「調教師」「人気」の面から考えてみましょう。特に人気や騎手はレースを大きく左右する傾向があります。

騎手から考える宝塚記念

騎手の実力でレースの結果が異なるのは、どのレースでも考えられることです。ここでは、宝塚記念過去5年の騎手の成績を中心に見ていきましょう。

2014年
1着横山典弘
2着池添謙一
3着福永祐一

 

2015年
1着川田将雅
2着浜中俊
3着池添謙一
2016年
1着蛯名正義
2着M.デムーロ
3着武豊
2017年
1着M.デムーロ
2着横山典弘
3着浜中俊
2018年
1着和田竜二
2着H.ボウマン
3着高倉稜

過去5年で2回優勝した騎手はいません。また、人気薄の馬が好走することも多いので騎手も特定の騎手が活躍をしているようには思えません。

少なく宝塚記念で騎手から予想をするのは、あまりオススメできません。「令和」最初の宝塚記念という意味で狙っている騎手は多いと思います。

調教師から考える宝塚記念

調教師によって、このレースに強いという印象の調教師もいます。宝塚記念の過去5年を参考に考えてみましょう。

2014年
1着須貝厩舎
2着平田厩舎
3着友道厩舎
2015年
1着池江厩舎
2着角居厩舎
3着高野厩舎
2016年
1着久保田厩舎
2着堀厩舎
3着清水厩舎
2017年
1着堀厩舎
2着中川厩舎
3着池江厩舎
2018年
1着音無厩舎
2着J.ムーア厩舎
3着宮本厩舎

宝塚記念の過去5年の厩舎ごとの成績を見ると同じ厩舎が2回以上勝ったことはないようです。池江厩舎や堀厩舎などががんばっていますが、記録という程ではありません。

人気から考える宝塚記念

人気は競馬予想で重要なファクターとして利用する人も少なくありません。人気が絶対ではありませんが目安になるのは事実です。

2014年
1着1番人気
2着9番人気
3着8番人気
2015年
1着6番人気
2着10番人気
3着11番人気
2016年
1着8番人気
2着1番人気
3着2番人気
2017年
1着3番人気
2着5番人気
3着4番人気
2018年
1着7番人気
2着10番人気
3着12番人気

宝塚記念は、比較的荒れやすいレースとしても有名です。過去5年で1番人気が1-1-0-3で2番人気や3番人気も悪い結果になっています。

宝塚記念の勝ち馬予想時には、あまり過去の実績を重要だと思うとなかなか馬券は取れません。手広く購入するのもひとつの考え方だと思います。

宝塚記念の予想ポイント

ここまでのデータから宝塚記念の予想ポイントをまとめてみます。

血統

ディープインパクト産駒が悪いとは言いませんが、キングカメハメハやステイゴールドのような血統に魅力があるレースです。

脚質

宝塚記念で有利な脚質は、先行馬~差し馬で道中の折り合いがとれるタイプです。
また、瞬発力よりも持久力の方が重要になると思います。

枠順

阪神競馬場 芝・2200mは、枠順の有利不利はさほどありません。宝塚記念の結果だけで考えると外枠の人気薄馬には要注意のようです。

前走

基本的に天皇賞(春)が王道路線ですが、目黒記念や大阪杯などを前走にしている馬も流行っているようです。GI実績馬が有利なレースという訳ではないので注意が必要になります。

騎手

騎手による差は実際のレースとなれば、大きな差があると思います。ただし過去の結果だけでみると決して特定の騎手が勝っているわけでもありません。

厩舎

過去5年で2回勝利を収めた厩舎がないので、実績のない厩舎というのも狙いにくいはずです。厩舎を予想の中心にするのは、あまりオススメできません。

人気

宝塚記念の1番人気~3番人気をみると、かろうじて1番人気が結果をだしていますが、他のGIレースに比べると荒れる要素が満載なだけに選び方が難しくなります。

まとめ

今回は、宝塚記念の過去の傾向と予想のポイントを説明しました。他のGIに比べると比較的高配当が出現するレースのようです。

今回掲載した予想のポイントはあくまでも過去のデータになります。今年度の春の結果や騎手の成績を見ながら冷静に予想することをオススメします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる