競輪の戦法と駆け引きについて

競輪は序盤のラインが決まるまでの駆け引きの後は落ち着いているように見えますが、それぞれのチームが様々な駆け引きを行なっています。

今回は、競輪でレース中に行なわれている戦法や駆け引きを説明します。この記事を読めば競輪の楽しさが更に理解できるようになります。

目次

競輪はチーム戦と個人戦の融合だけに難しい!

競輪は、序盤から中盤戦をチームとしてラインを組んで戦います。ラインを組んでいる間も淡々と走行しているように見えますが数々の駆け引きが行なわれています。

終盤になると一気に抜け出して個人戦へと変わります。競輪のラインやレース中に行なわれている戦法の数々を説明していきます。

選手の脚質を見極めよう!

競輪の選手は、個々の得意とする戦法があります。その戦法を行なうには各自の得意な脚質を最大限に利用することになります。

競輪選手の脚質は大きくわけて3つに分類されます。「逃げ」「追込」「両方」の3種類ですが、それぞれに特徴があります。

脚質が「逃げ」の選手

先行タイプの選手のことで、ラインの先頭に立ってレース展開をつくっていきます。自分でペースをつくれる変わりに先頭で風を受ける必要があります。

脚質が「追込」の選手

先行タイプの後ろにつく選手で、「マーク」「追込」と呼ばれる存在です。先行している選手が展開をつくりやすいように守りながらも自分も勝利を狙います。

・脚質が「両方」の選手
自在タイプの選手で、「先行」「追込」のどちらもできる万能タイプの選手です。ラインをつくったときに展開次第で「先行」「追込」をこなします。

選手の脚質はラインをつくったときの位置取りに影響することが多くなります。競馬の競走馬の脚質と似ていますが、若干違う考え方だと思います。

ラインの種類と名称

競輪の特徴でもある「ライン」には組み方や編成によっていくつかの種類と名称があります。出走選手の脚質や出身地などによって変化をすることも少なくありません。

ラインは、それぞれの役割に応じて「先行」「追込」「捲り」と呼ばれます。また、ラインの2番目にいる選手は「番手」と呼び3番目の選手は3番手と言います。

ラインの基本パターン(3-3-3の3分戦)

(先行・追込・追込)(捲り・追込・追込)(捲り・追込・追込)
(先行・番手・3番手)(捲り・番手・3番手)(捲り・番手・3番手)

4-3-2の3分戦

(先行・追込・追込・追込)(捲り・追込・追込)(捲り・追込)

2分戦

(先行・追込・追込・追込・追込)(捲り・追込・追込・追込)

4分戦(細切れ戦)

(先行・追込・追込)(捲り・追込)(捲り・追込)(捲り・追込)

大まかなラインはこのような感じで組まれることが多くなっています。このラインの作り方でレースの展開が大きく異なります。

番手選手が行なう戦法とは?

競輪のラインでは、先行選手が最も風を受けて厳しい環境だと思われますが、番手と呼ばれる2番目にいる選手は様々な駆け引きを行い自分たちが有利になるようにしていきます。

番手選手の戦法!ブロック

後方のラインから捲りをかけてきたときに番手(2番目の選手)は、ブロックをして進行を防ぐ戦法です。

番手選手の戦法!切り替え

自分のラインが後方のラインに捲られたときに抜いていったラインに自分も加わる戦法です。この方法は3番手の選手にも可能な方法になります。

番手選手の戦法!競り(セリ)

他のラインの先行選手と競りあうことで前に行かせない戦法です。かなり激しい争いになります。

番手選手の戦法!距離間隔を利用する

自分のラインにいる先行する選手を前に行かせて車間をあける戦法です。他のラインは番手を抜いても先行まで距離があるので、なかなか抜けなくなります。

決まり手の種類と内容

競輪はゴールをしたときの走り方を決まり手と言います。この決まり手は、実際に選手がどのように走行したのかがわかります。

逃げ

残り1周のホームストレッチラインを1番手で通過した選手がそのまま先頭でゴールした場合は「逃げ」となります。

捲り(まくり)

残り1周のホームストレッチラインを1番手で通過した選手を最終コーナーまでに抜いた場合を「捲り」(まくり)と言います。

差し

最後のコーナーを過ぎてから抜いて勝利した場合を「差し」と言います。

マーク

自分と同じコース取り(ライン上)を走る選手を抜けずにそのままゴールして2着になった場合をマークといいます。

脚質と似たような言葉になりますが、根本的に違う使い方をしますので混乱をしないようにしましょう。

まとめ

今回は、競輪のラインをつくってからの戦法のいくつかを紹介しました。競輪にとって「ライン」は魅力や特徴であると同時に予想を難しくするポイントにもなります。

また、中盤以降の各ライン同士の位置取りや仕掛けといった戦法の数々を理解すると競輪を更に楽しく見ることができるようになります。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる