競艇の当たりやすいレースの探し方について

競艇は、的中確率が高いことと多くの会場で開催されていることから、人気のある公営ギャンブルです。
的中しやすいレースだけに参加したいという方は、とても多いと思います。

今回は、競艇の当たりやすいレースの探し方について説明します。
この記事を読めば、的中する楽しみを知ることができるようになるはずです。

目次

競艇の当たりやすいレースの特徴や探し方のポイント!


競艇は確率だけで考えれば、他の公営ギャンブルと比べて、的中率が高いです。
ただし、回収率を考慮すると状況が変わります。

もちろん予想方法にこだわってしまうと、多くのファクターが必要になるので初心者向けとは言えません。
このページでは、できるだけ初心者の方にも可能なレベルの予想方法について書いていきます。

的中率と回収率を考えた船券と投資方法の罠

競艇の舟券の中で最も的中率が高いのは、1号艇の単勝や複勝であることは言うまでもありません。
ただし、やみくもに1号艇の「単複舟券」を購入していても勝てるわけではないのです。

ネットなどを見ていると、カジノなどで利用されるマーチンゲールの法則のような投資方法を公営ギャンブルに当てはめる人もいます。

この記事を読んでいる方は、間違っても公営ギャンブルでマーチンゲールの法則などの投資方法は利用しないようにしましょう。

一部の工夫をした投資方法であれば、確かにプラス収支にすることは可能ですが、連敗が続くとメンタル的に負けてしまうことも考えられます。

とりあえず、はずれたら購入資金を増やす方法は、ここでは扱う気はありません。
ここで推奨する船券の種類は、3連複か3連単になります。

同じ公営ギャンブルでも、中央競馬であれば単勝・複勝・ワイドですし、地方競馬であればワイドをオススメします。
同様に、競艇にも理想的なスタイルが存在します。

6号艇までしかないので、確率的にも悪くありません。
中でも1号艇の3着までの入着率を考えれば、外す理由は見当たりません。

ここで推奨する船券のスタイルは、1号艇を軸に考えた3連複や3連単になります。
もちろん、全レースに手を出したら勝てませんので、お忘れなく。

一般戦で実力差と枠の有利な選手を軸に考える

船券の種類が決まったところで、次に考えるのはレース選びです。
レースの選び方は大きく分類して2つの考え方があります。

最も無難な考え方は、実力差のある選手の登場する一般戦を選択する方法です。
一般戦は、A1級とB級の選手が混じってレースを行なうことがあります。

1号艇にB級選手で、外側にA1級の選手がいると荒れる可能性もあるので、3連複か見送りが理想です。
むしろ、1号艇にA1級の選手で、残りがB級という一般戦を狙いましょう。

もうひとつの考え方は、GI級のレース
つまり、A1クラスの選手同士のレースに絞るという考え方になります。
同レベルの選手同士なので1号艇が圧倒的に有利になります。

会場によって特徴あり!会場選びのポイントについて

競艇は、数多くの会場で開催されているので、会場を選ぶ必要もあります。
単純に1号艇の1着率を考えるのではなく、今回は水質に注目していきます。

競艇の会場には、大きくわけて「海水」と「淡水」の2種類の水質があります。
この2つを比べると水面が静かになるのは「淡水」です。

さらに「淡水」の中でも、川の水を利用した会場とプールのような会場では、水面の状態が異なります。
水面が静かな状態ほど、選手が実力を発揮しやすいです。

これらの状況を考えると、関東で該当する会場は、多摩川
関西(近畿)であれば、尼崎が最も静かな水面であると考えることができます。

ただし、両会場とも注意をする点が2つあります。
ひとつは、1号艇が出遅れないことで、もうひとつは当日の風です。

風の強い日は、外側からのマクリや差しが決まりやすくなるので、充分に注意が必要です。
選手のスタート技術は出走票などから判断をしましょう。

たくさんのレースを見ることが公営ギャンブルでは大切

最後に、競艇でできるだけ的中率と回収率にこだわりたい人にオススメの方法を紹介します。
公営ギャンブルすべてにあてはまることですが、数多くのレースを観戦することです。

「なんだ、そんなことか。」とがっかりする人も多いと思いますが、やはりデータは過去のものですから参考にはなります。
後から加えることができるのが、経験や知識です。

公営ギャンブルの予想を上達させるには、デジタル面とアナログ面の双方を考える必要があります。

まとめ

今回は、競艇でできるだけあてやすいレースの探し方を説明しました。
もちろん当てるだけではなく、できるだけ回収率にもこだわったつもりです。

船券の買い方やレースの選び方次第でまだまだ多くの攻略方法があると思います。
自分に合った予想方法を探すことも競艇のおもしろさです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる